Please reload

ソーシャルメディア

August 13, 2017

日本で敵対的買収を実現させるのは、とてもむずかしい。

日本では、敵対的買収は極めて「成功しにくい」土壌があるといえる。

感情面などいろいろあるが、一番の問題は「組織化が不完全で、誰がやっても同じことができるようになるわけではない」ということに尽きる。

事業の根幹を支えているのが「ある人財(人材)」ということが多い。

その人を引き継げなければ、本当の意味で買う意味のない企業というのは相当多いように思います。

中小企業になると、この傾向は顕著になります。

村上ファンドなどの思考回路は、「清算価値(=いますぐ破産したときの価値)を下回っているから買収...

Please reload

  • Facebook Basic Square
Please reload

最新記事
タグから検索
特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

アーカイブ