Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

小さなチーム、大きな仕事

 

 

https://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%80%81%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%80%94%E5%AE%8C%E5%85%A8%E7%89%88%E3%80%95-37%E3%82%B7%E3%82%B0%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%BA%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89/dp/415209267X

 

金曜日は本の曜日なので、本のご紹介。

 

この本は、名古屋の弁護士の山田尚武先生にご紹介いただいて、読んだ本です。

小さな項建てになっていて、スキマ時間でも読めます。

 

内容は、起業や小さい会社を回すTips集。

 

ただ、すごくためになる内容。

 

「なにをしたのかが重要であって、考えたり、言ったりすることが重要なのではない。アイデアに価値はない。核心は、いったいどうやって成し遂げるのかである。」

 

こういう、当たり前だけど、なかなかできないことを書いてくれている。

 

起業のときに、次のようなことが書いてあった。

「無名のときこそ、世間にあれこれ言われずミスすることに使おう。新しいことに挑戦してみるのだ。誰もあなたを知らないのだから、失敗しても大きな問題ではない。恥をかくことを心配せずにリスクをとれるときなのだ。」

 

また、弁護士をつかうと、手続きが増えるいうことまで書いてある。

 

かつては、そういう時代だったのは間違いないし、無名な会社のほうが、言われにくいのは確か。

 

ただ、日本は行政が強い社会。個人情報保護法など、中小企業でも守らなければならないルールが多数発生し、その違反の影響も大きくなってきた。

また、日本では、小さいときからルールを「守ろう」とする会社のほうが、その後の伸びが違うのも確か。

 

どういうルールがあるのか、ざっくりでもわかっているかで、意思決定のスピードの伸び方に大きな差があり、そのために弁護士を使ってもらいたいと思うのです。

 

そのような企業のため、私も動いていきたい。

 

 

 

弁護士 杉浦智彦

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア