契約書の押印をPDF上でやってもよいのか

契約書の押印をPDF上でやることも多くなってきました。

私も、Acrobatのスタンプシステムで、職印データをつかって、スタンプを押すことも多くなってきました。

ところで、とくに海外など遠方の取引の契約のとき、契約書締結の方法として、スキャンデータのやり取りが増えてきました。

その中で、電子上で押印することも有効なのかという話をいたします。

実は、押印がなくても契約は有効に成立します。

あくまで押印は、「権限ある人が内容を読んで押したんだ」ということを証明するために要求されているにすぎないのです。

その点では、PDF上で、データで押印したかのように見せるのも、法律的には問題がないのです。

ただ、本当にその権限がある人が押印したか分からないわけですから、これまで取引をしたことがない人との取引だったり、ロットが大きい取引の場合は、避けるのも一つのリスク判断なのかもしれません。

弁護士 杉浦智彦

#契約書 #印 #PDF

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

弁護士による​ビジネの適法性チェックサービス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now