個人情報保護の教育はどのくらいのペースですべきか

個人情報を中小企業も取り扱わなければならなくなった今、従業員の教育が大切となります。

「適切な内容の研修であれば、年一度程度の研修でも少ないとはいえない」というQ&Aの回答があるように、年1度は研修を行わなければならないと言われています。

ただ、教育にお金をかけることは、中小企業では難しい場合も多いかと思います。

実際のところは、責任者に外部研修に行ってもらい、その情報を速やかに社内にシェアしてもらったり、社内講師をしてもらうという方法、顧問弁護士に講演をしてもらう方法などになるかと思います。

これらをしなければ個人情報が漏えいしたとき、会社の責任は逃れられないかと思います。

弁護士 杉浦智彦


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

弁護士による​ビジネの適法性チェックサービス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now