大垣尚司『金融から学ぶ会社法入門』

最近読んだ本の紹介です。

大垣先生の『金融から学ぶ会社法入門』(勁草書房)です。

この本は、かつて有斐閣の法学教室で連載されていた「金融と法」というところに連載されていたもののうち、応用部分が整理されたものです。

そのため「入門」という言葉を信じるのは、割りと騙されるような気がします。

(ほかにも、前田庸先生の『会社法入門』という入門書とは思えない重厚な本があるなど、会社法の世界は信用できないのです)

内容としては、さまざまです。

起業の入り口・出口ということで、クラウドファンディング、デット融資の話、事業承継の話も取り込まれていました。

プロ向けのような気はしますが、読んでみると、新たな整理がされ、発見の多い本でした。

弁護士 杉浦智彦


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

弁護士による​ビジネの適法性チェックサービス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now