顧客の引き抜きは争いにくい

顧客の引き抜きは、争うのが難しい。

それは、通常の競争が、敵対業者から顧客を奪うという性質を有しているからだ。

だから、内容証明郵便で警告をするときにも、

「貴社の行動は、通知人との関係で不法行為による損害賠償請求の対象となるだけではなく、刑法や不正競争防止法等の関係法規に違反す る可能性もあるものです。」

という、もごっとした物言いになってしまうのです。

それを防止するためには、きちんとした事前の対応策を取る他ありません。

そのとき弁護士は役立ちます。

弁護士の事前のアドバイスを受けて下さい。

弁護士 杉浦智彦


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事