Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

法人が破産したとき、売れない不動産があるとどうなるのか

August 31, 2017

法人が破産したとき、その財産は、破産管財人という立場の弁護士が処理をすることになります。

 

基本的に、お金に替えるために尽力するのですが、中には売れない不動産もあるわけです。

 

売れない不動産をどうするかといえば、それを「破産財団からの放棄」という手続をとり、破産の手続から離脱させてしまうのです。

 

そうすると、法人の財産に戻るわけです。

 

ただ、破産をしているので、「法人」といっても、もう概念しかないわけです。

 

そのとき、どうするかといえば「清算人」という人を選任するのです。

 

清算人は、定款に定められている人、取締役などが就任します。

 

その清算人が、取引などをしていくわけです。

 

弁護士 杉浦智彦

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索