サービスレベルアグリーメント(SLA)は何社か挟まるとややこしい

サービスレベルアグリーメントというものをご存知でしょうか。

どのようなサービスを提供するかを具体的に示す合意です。

どういうところまで提供してくれるのか、窓口はどこなのか、違反した場合はどこまで返金するのかなどが定められています。

たとえば、Amazonだと、こんなかんじです。

https://aws.amazon.com/jp/ec2/sla/

Amazonなど、サービス提供者と直接契約ができれば、このルールに従うことになりシンプルなのですが、よくあるのは、Amazonのサーバーを使うネット事業者と契約するようなパターンだと面倒です。

間のネット事業者のSLAはまた別にあり、その中では、かなりサービスのレベルが限定されていることも多いです。

しかも、ネット事業者がよくわからずSLAを定めていることも多いといえます。

そのような形で、ネット事業者もユーザーも、いずれもトラブルに巻き込まれることが多いといえます。

きちんと弁護士が関与し、相互のズレなどを検証することが大切といえます。

弁護士 杉浦智彦


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

弁護士による​ビジネの適法性チェックサービス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now