「覚書(MOU)」はどの程度の意味があるか

「覚書」と呼ばれる、契約の前段階の、約束事を記載したメモがあります。

これ、両者の署名などがなされるので、法的な効果があると思われる方も多いです。

ただ、覚書に法的な効果があるかといえば、それは「内容による」というのが正確なところです。

覚書というタイトルでも、契約の一部をなすものもあれば、そうではないものもあります。

単に確認の事実だけ書いているものは、法的な拘束力がないようなものもあります。

場合によるので、弁護士の確認が必要なのです。

弁護士 杉浦智彦


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

弁護士による​ビジネの適法性チェックサービス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now