コンプライアンス分野は、トライアンドエラーでよいのか

中小企業の多くは、トライアンドエラーで問題を処理していきます。

効率的ですし、失敗自体は私も恐れるべきではないと思っています。

ただ、トライアンドエラーでは対応できないのが、コンプライアンスの問題です。

コンプライアンスは、日本語では「法令遵守」、つまり法律などのルールをきちんと守ることをいいます。

トライアンドエラーが許される分野もある(たとえば行政指導が先にくるなど)のですが、そうでないこともあります。

たとえば、炎上したり、死傷者が発生したような場合です。

一回でも起こってはいけないことが、企業にはあるように思います。

それが何なのか、その企業の「生命線」はどこなのか。

それを判断してくれるのが、顧問弁護士なのかもしれません。

弁護士 杉浦智彦

#コンプライアンス #顧問弁護士

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事