「募集設立」は普通行わない

会社の設立の方法には、発起設立と募集設立という手続があります。

発起設立は、発起人だけが株式を手に入れられる形の設立方法、募集設立は、発起人以外も株式を手に入れられるようにする形の設立方法です。

いろいろ手続の違いはあるのですが、要するに募集設立は、発起人以外の人が関わってくるので、手続保障をせざるをえず、手続が面倒になるのです。

たとえば、出資されたことの証明方法は、発起設立であれば、お金が入った通帳のコピーでいいのですが、そうでない場合は、「払込金保管証明書」というものを銀行に発行してもらわなければならないのです。

そういうわけで、募集設立はほとんど行われず、発起設立だけが行われているのです。

なお、発起設立をして、その直後に新株発行や、発起人の株式を譲渡することによりお金を集めるのがスタンダードな方法といえます。

弁護士 杉浦智彦

#設立 #募集設立 #発起設立

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事