ベンチャー企業が株式で一番懸念しなければならないのは、離脱時の揉め事の回避方法

ベンチャー企業の支援をする際思うのですが、ベンチャー企業は「前」を突き進んでいます。

だから、リスクのことについて、会計面はさておき、ある意味「考えてはならない」という風潮もあるように思います。

そのためか、ケンカ別れをする際の対応について、誰も考えていないなんていうことも多いように思います。

株主間契約は、そのときに役立ちます。

最近は、多くのベンチャー企業でも株主間契約を使用していますが、最低限、離脱のタイミングで揉めないように、きちんと条項が不利ではないか確認するのがよいでしょう。

弁護士 杉浦智彦

#ベンチャー企業 #株式 #株主間契約

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事