Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

錯誤の効果が「無効」ではなく「取消し」となる意味

November 9, 2017

今回の民法改正により、錯誤の効果が、従来の「無効」から「取消し」に変わります。

 

これまでも、裁判例では「相対的無効」といって、一定の人からしか主張できなかったので、その点では、取り消せるようになったからといって、大きい効果が発生したわけではありません。

 

取消しのルールが適用されることになるので、多少は変化します。

 

たとえば、取消しをすることができる権利は、基本的に5年以内に行使しなければ消えます。

 

これまでだと、「無効なものは無効」として、いつでも争えたのですが、それが難しくなったわけです。

 

 

 

弁護士 杉浦智彦

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア