取引相手が本当に権限ある人かどうか確かめるのは難しい

「株式会社◯の営業の★★です!」と言われ、その人と契約することになったとき、普通、その人が権限ある人なのか確かめないですよね。

ただ、法律上は、真実として権限がない人と契約した場合、ほとんど保護されないのです。

本当は権限がないのに、権限があるように振る舞うことを「表見代理」といいます。

表見代理が保護されるのは、信じたことについて正当な理由がなければなりません。

正当な理由があるかというのは、「きちんと調べたのか」というところが問われます。

登記をきちんと確認したかとか、そういうところですね。

しかしながら、ふつう、登記なんか逐一調査しないですよね。

ただ、そうはいっても登記まで調べないとしても、インターネットで企業情報を検索するくらいは、しておくのが無難かもしれません

弁護士 杉浦智彦

#表見代理

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事