top of page

協議中に時効にならないようにするには

新しい民法では、協議中は消滅時効が完成しない→勝手に権利が消滅しないということになりました。

ただ、現在の民法では、たとえ協議中であろうと、民法の権利は時効で消えます。

それを止めるためには、裁判上の請求が必要となるわけです。

いわゆる訴訟などですね。

協議をしているにもかかわらず訴訟を起こすのは、なかなか難しいところでした。

今回の民法改正は、そのような部分に配慮してくれている規定といえます。

一方で、協議で引き伸ばして時効消滅を狙う方法は取れなくなったともいえます。

弁護士 杉浦智彦

特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page