システム開発契約の要件定義を決めるのは大変だが、話し合って決める必要がある

システム開発契約で、一番時間がかかる事項として「要件定義」です。

お互いが思っているものの形を、「外縁」だけでも明らかにするためにも、この要件定義を、話し合いをして規定しなければなりません。

そうはいっても、修正をしていくことが前提なので、どの程度決めたらよいのかという部分は悩ましいところです。

一般的には、建物の建築と同様のレベルはあったほうが良いとは言われていますが、トラブルが起こりやすい点は建物とシステム開発では微妙に異なります。

そういう点では、要件定義を決める段階でも、弁護士のアドバイスを入れておくことが大切だとは思います。

弁護士 杉浦智彦

#要件定義

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

弁護士による​ビジネの適法性チェックサービス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now