【書籍紹介】江頭憲治郎『株式会社法』(第7版、2017、有斐閣)

江頭天皇と呼ばれる(本当か?)、会社法の最重要文献の改訂版が今年出ました。

増量数はほとんどないですし、今年は、田中亘先生の『会社法』も出版されたので、「どのような立ち位置なのか」と思われる方も多いのですが、やはり江頭会社法は違うと思います。

江頭先生の会社法は、基本書ではなく、体系書なので、体系的にきちんとしていますし、それだけではなく、脚注の引用文献がかなり正確です。

実務的には

・江頭会社法

・田中会社法

・龍田=前田会社法

・長島・大野・常松法律事務所『アドバンス会社法』

あたりが、まず読まれる文献なのですが、その中でも、やはりファーストチョイスの定位置を保っているのだろうと思います。

弁護士 杉浦智彦

#コラム

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

弁護士による​ビジネの適法性チェックサービス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now