インサイダー取引違反の場合の株式売却の効力

インサイダー取引に違反した場合の売買の効力はどうなるのでしょうか。

結論からいえば、売買の効力自体は否定されないといえます。

インサイダー自体、刑事罰もありますが、民事上、あえて売買を無効にしなければならない要請がないからと言われています。

ただ、民事上の損害賠償義務は負うので、得しないしやらないほうがよいのは間違いありません。

弁護士 杉浦智彦

#インサイダー

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事