GDPRがついに施行されました-2

前回の続きです。

まず、どのような企業がGDPRの対応をしなければならないかを解説します。

ヨーロッパの個人情報保護法なので、ヨーロッパに関連会社がある場合のみ適用されるようにも思えますが、それは誤りです。

ヨーロッパの個人情報を取得するものであればよいので、日本でECサイトを運営しているような場合や、旅行会社なども、適用されることになります。

最近は、零細企業であっても、インターネット上で簡単に通販サイトを経営できます。

ウェブ上で、氏名・住所・クレジットカード番号などをやりとりするような場合、これらは個人情報保護になるので、GDPRの対応が必要となってしまうのです。

ただ、大企業ならまだしも、予算のない企業がGDPRの対応を考える上で、どうしても優先順位を考えなければなりません。

次回は、まずは何をしなければならないかをお伝えします。

弁護士 杉浦智彦

#GDPR

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

弁護士による​ビジネの適法性チェックサービス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now