Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

三者鼎立型のNDAのとき、受領者は"party" "parties", "party/parties"のいずれで表記するのがよいか

July 12, 2018

どうでもいい話題です。

 

三者まじえての守秘義務契約を締結することがあります。

 

そのとき、情報開示者は一人になりますが、情報の受け手をどのように定めるべきかが難しかったりします。

 

日本語だと単純に「受領者」としてしまえばよいんですが、英語だと、単数・複数の問題があります。

 

the other のあと、どう表記するかという部分で、悩んでいました。

 

一つの回答として、

http://contracts.onecle.com/careerbuilder/tribune.disclose.2000.06.20.shtml

ここで公表されているNDAでは、単数形であるthe other party となっていました。

 

理由は、(英語の文化圏の人ではないので分からないですが)義務を負うのは個別の受領者ですし、また、一気に公表するのではなく、それぞれに情報を「交付」しているように考えられるからかもしれません。

 

そのため、もし悩んでも、英文では、the other partyとしておいてよいのでしょう。

 

弁護士 杉浦智彦

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア