中小企業も60時間以上の残業の割増率は50%になる?

働き方改革の法案が通りました。

いろいろな改革があるのですが、その中で、実は、中小企業にとって大きな改正がいくつもされています。

その一つが、「60時間以上の残業代5割割増の規程の猶予が外れる」ということです。

これまでは、大企業のみ、60時間以上の残業が5割割増賃金となっていました。

それが、平成35年を目処に廃止されることになりました。

60時間というと、一日あたり3時間残業したら、アウトですね。

下手に従業員を少なくしてしまうと、人件費がかえって大きくなってしまうことも考えられるわけです。

この猶予期間の間に、弁護士を含めた労務の抜本的改善が必要になるかもしれません。

弁護士 杉浦智彦

#働き方改革 #残業代

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

弁護士による​ビジネの適法性チェックサービス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now