UberやLyftの障害(3)

次は支払い方法です。

いわゆる、エスクロー決済という方法がとられています。

エスクロー決済を実現するために、一度第三者がお金を預かるという形になるのですが、

日本の法律上、なんの免許もなく

「第三者にお金を預ける」ということをしてはいけません。

これは、銀行同様の業務といわれてしまうおそれがあり、資金決済法上の許認可が必要となります(資金移動業登録)。

それを回避する手段として使われるのが、

「売り主の代わりにお金を受け取る」という方法です。

そうすると、お金を預かり、買主をリスクに晒さないので、問題ないと言われているのです。

ただ、この方法だと、結局、その第三者により支払われないリスクを売り主が負うわけです。

エスクロー決済を導入しようとする事業者様は、第三者がきちんと信頼できるのか、それを考えてから契約するのがよいかと思います。

弁護士 杉浦智彦


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事