事後的な秘密保持契約は有効?

情報が盗まれてから、秘密保持契約を締結しても、有効なのでしょうか。

結論からいえば、「過去にも適用される」ということであれば、過去の情報流出についても、効力を及ぼすことは可能です。

ただ、違反した人は、そんな契約、締結しないですよね。(締結すると、損害賠償義務を負うわけですから・・・)

結局、なにか起こる前に秘密保持契約を締結することが大切になります。

弁護士 杉浦智彦

#NDA

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

弁護士による​ビジネの適法性チェックサービス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now