事業譲渡契約の原本は何通も作るな

最近、事業譲渡の契約書を確認することがありました。

この契約書では、なぜか、企業2者に加えて、それぞれの代表者の、合計4通契約書を作成することになっていたんですね。

なぜ、私が「なぜか」と思ったかというと、印紙税がかかるからなのです。

印紙税は、作成した通数ごとにかかります。

4通、原本を作成すれば、4倍の印紙税がかかります。

実は、事業譲渡の金額ごとに、印紙の金額も変わります。

一通あたり数万円の対価がかかることもあるわけです。

それにもかかわらず、何通も作成して印紙を貼るなんて、馬鹿らしくないですか?

そのため、最低限、2通作成し、代表者は写しを作成するという形や、スキャンを用意するくらいの対応が望ましいのだろうと思います。

弁護士 杉浦智彦


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

弁護士による​ビジネの適法性チェックサービス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now