弁護士であっても、どういうビジネスなのか想像することは難しい

弁護士で、これまでさまざまな契約書を見てきましたが、

依頼を受ける件が、どのようなビジネスモデルなのかについては、きちんと聞かないとわかりません。

何を提供するのか、いくらで提供するのか。

いらっしゃった担当者の方もよくわからないということがあります。

きちんと聞いて、中身を確定させ、書面に落とし込むほうが、絶対に良い契約書ができますし、紛争の回避もできません。

本来ならば、ある程度付き合っている顧問弁護士に依頼するのが、貴社のビジネスを理解している点でよいのです。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

弁護士による​ビジネの適法性チェックサービス

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now